サービス

会計・税務accounting

会計
  • 月次決算支援

    年次決算は行われていても月次決算まで行われていない中小、中堅企業は数多く存在します。その理由は決算は税務申告のための業務だから、ととらえられているからではないでしょうか。弊監査法人では決算書を今後の経営に役立てる重要なツールと考えています。そのため、月次決算で毎月情報を把握、分析することによりタイムリーな経営の意思決定が可能になります。
  • 連結決算支援

    昨今、M&Aによる企業買収の動きが活発化しており、それに伴って親会社の業績のみならず子会社の業績を含めた連結グループでの業績評価の重要性が高まっています。連結決算は連結決算特有の論点が多数存在しているため、連結決算作業において実施すべきポイントやそのためのツール作成等、貴社の状況にあわせたご支援が可能です。
  • 株価算定

    株価の算定方法にはさまざまな時価評価方法があり、取引内容に応じた適正な時価で行う必要があります。弊監査法人では、グループの税理士法人と連携して税務上の問題点も踏まえた株価算定およびアドヴァイスを行うことが可能です。
  • デューデリジェンス

    買収した企業に当初想定していなかったリスクが買収後に判明し、結局企業買収がうまくいかなかったという事例もあります。そのような事態を未然に防ぐためにもM&Aによる企業買収の際にはデューデリジェンスは欠かせないものとなります。弊監査法人では財務デューデリジェンスの他、グループの税理士法人による税務デューデリジェンスにも対応可能です。

社会福祉法人・医療法人social welfare corporation

社会福祉法人・医療法人
  • 経営支援、会計指導

    社会福祉法人、医療法人に対する公認会計士または監査法人による法定監査が導入されることに伴って、どのような準備をすればよいのか、漠然とした不安をお持ちの法人様もいらっしゃると思います。会計は決して監査のために行うものではありませんが、監査のプロである公認会計士の視点から、より戦略的に会計を経営に活かすためにはどのような管理を行えばよいのかご指導させていただくことが可能です。
  • アウトソーシング

    月次の決算業務に関連した業務の一部をお引き受けすることにより、貴法人の業務効率化のお手伝いをさせていただきます。お受けする業務の内容等は貴法人のご要望をお聞きして最適なサービスを提供させていただくことが可能です。
  • 自動化支援

    決算業務を正確に速く行えるようにするには、決算業務の自動化が欠かせません。自動化と一言で言っても、ITシステムによる自動化だけが自動化ではありません。決算業務処理を毎回一から考えて行うのではなく、マニュアル化できる部分はマニュアル化することにより、誰が決算業務を行っても自動的に行えるように準備しておくことも自動化の一つです。決算業務のプロセスを見直して自動化するためのご支援をさせていただきます。
  • 行政監査立会

    定期的に行われる行政監査は、お客様と共に立ち合わせていただきます。監査法人は監査を行う公認会計士のプロフェッショナル集団であるため、監査への立会いに際してはプロの視点をもって臨みます。また指摘事項に対応するための施策をお客様の視点も踏まえて考えてゆきます。  

監査audit

監査
  • 会計監査

    会計監査は公認会計士または監査法人による独占的業務であり、公認会計士が最も得意とする分野です。一方で大手監査法人の会計監査では敷居が高い、コストが高いといった不安などあるかと思います。弊法人は大手監査法人で監査業務を経験した公認会計士を多数擁しておりますので、法規制で制度化された監査のみならず、任意監査につきましてもご支援させていただきます。
  • 内部監査

    コンプライアンスに対する世間の評価が厳しさを増しています。このような状況下において、内部監査部門が果たすべき役割は高まりつつあります。一方で、内部監査に多くの人員を割くことができない企業様も多く存在します。弊監査法人ではそのような企業様のニーズをお伺いし、内部監査のご支援を行っております。
  • 内部統制支援

    J-SOXが制度化されて凡そ10年が経過しました。多くの企業では内部統制監査に合せて多くの時間と労力を割いて文書化等に当たってこられたことと思います。10年が経過し、当初の業務プロセスが大きく変更しているにもかかわらず、文書化が当初のままであるといった事例もあります。弊監査法人では内部統制の構築支援は勿論のこと、内部統制の再構築についてもご支援させていただきます。
  • ショートレビュー

    ショートレビューとは、将来株式公開を予定している企業様が、監査法人と正式な監査契約を締結する前に行われるもので、現状の企業様が抱えている課題や監査法人との監査契約締結までに解決すべき問題点を明らかにする手続きのことです。通常3日~5日程度でヒアリングや資料の閲覧などを中心とした手続により行われます。弊監査法人では、大手監査法人出身の公認会計士が親身になってアドヴァイスさせていただきます。

経営・財務支援management financial support

経営・財務支援
  • 株式公開支援

    企業が成長する過程で、株式公開による資金調達、企業イメージの向上による人材の確保などが必要となる局面があります。株式公開のための準備には専門的な知識と経験が必要になります。弊監査法人では株式公開支援に精通した公認会計士を擁していることから、どのようなご相談にも対応させていただけます。
  • M&A支援

    M&Aによる企業買収が増加してる背景には、後継者不在の企業を売却したいと考える売り手企業と既存の事業に加えて、より短期間で事業拡大を目指したいという買い手企業のニーズの高まりが一因として挙げられます。買い手企業にとって独自に一から事業を育てるには相応の時間が必要ですが、M&Aでは出来上がった企業を買うため時間を買うという側面もあります。弊監査法人ではニーズに応じて迅速かつ的確にご支援させていただきます。
  • 経営分析

    経営者が自社及び同業他社の財務諸表を比較分析して、自社の強みや弱みを検討することは大変重要です。営業が得意の経営者の方に、数字は経理にまかせっきりとなっている場合が少なくありません。弊監査法人では数多くの会社の財務諸表を監査してきた熟練の公認会計士を多数擁しておりますので、経営分析から貴社の問題点や課題、その解決策などをご提示させていただきます。
  • 事業計画策定支援

    市場調査の結果を踏まえて、事業モデルを必要に応じて見直し、その結果を係数面での中長期計画に落とし込む作業が中心となります。まずは、事業計画策定に際して、どのような方向に進んでゆきたいのかをじっくり話し合い、そこから見えてくるリスクや課題を一つ一つクリアにしてゆくことが必要になります。「絵に描いた餅」とならないようなご納得のいく事業計画の策定ご支援をさせていただきます。

ページトップへ

Copyright © 2017 IZANAMI Audit corporation All Rights Reserved.